サプリメントって何

サプリメントって何

サプリメントという言葉自体が、もうすでに市民権を得ている近頃、購買する場所もいろいろあることもあって、気軽にサプリメントを摂取している環境が出来ているといえるのではないでしょうか。

そもそも、このサプリメントはカラダにカラダに何かしらの効果が期待できるとのことから、クスリの仲間のようなイメージもありますが、一般的には栄養補助食品のことをさします。

サプリメントを摂取することの大きな目的のひとつは、健康維持のために普段の食事では十分摂取できていないと思われる栄養素を補うことであり、そのための食品という位置付けがサプリメントです。

特に、近頃ではますます食事が多様化していることや、簡単に食べられる加工食品が多く出回っていることもあり、ついつい栄養のバランスが偏ったものになりがちです。
そうなると一日に必要とされるミネラルが不足といったことになります。
また、一日の理想摂取量などが公表されていますが、この数値を食事から摂取しようとした場合、かなり食生活に気を配らなくてはなりません。
そこで、足りない分を補うということで、サプリメントが広く利用されているのでしょう。

日本では、口からカラダに取り込むことで言えば食品と薬品という分け方がされます。
この分類でいきますと、サプリメントは食品に分類されます。
なので、医薬品申請をする必要もありませんので、特別な承認なしで製造販売できます。

行政における定義としては栄養成分を補給するものであり、ビタミン、ミネラル、ハーブ、その他の食品成分といったものであるというのが大まかなものです。

パッケージの表示にはもちろん効能表示は禁止されています。
ただ、最近CMでもよく見かける特別健康食品(トクホ)は、審査を通過した保健機能食品であり、また、ある一定の基準をクリアしたものは栄養機能食品と、健康食品のなかでも分類がされています。


ベースとなるサプリメントから医薬品と健康食品の違い

サプリ情報

カテゴリー別

リンク

当サイト免責事項

当サイト規約情報 担当者